ハースストーンで狩りの時間だ!

ファンデッキでラダーにいそしむ@naitma_nのハースストーンブログ

死線の追跡者レクサー コントロールハンターの可能性

f:id:nt-naitma:20170707162953j:plain

 ついにハースストーンの最新拡張パック「凍てつく玉座の騎士団」が発表されましたね。 新しく発表されたカードは5枚ほどでしたがとてもワクワクしています。

 

 

 

 

 

注目の新カードたち

 私もこのブログを訪れている多くのハンター好きの方達も、最も注目しているのはなんと言ってもレジェンダリー・ヒーローカード「死線の追跡者レクサー」でしょう。

f:id:nt-naitma:20170707164024j:plain
Deathstalker Rexxar / Build-A-Beast

 

 6マナで効果は装甲+5全敵ミニオンに2ダメージヒーローパワー置き換え。 似た効果のカードを考えると、ウォリアーの鉄のウロコ(1マナ)、パラディン聖別(4マナ)、ハンターの恐竜術(2マナ)と、敵ヒーローへの2点ダメージはありませんが、合計3カード7マナ相当の効果を持ったものすごいカードですね。

 

 置き換え後のヒーローパワー「バ獣改造」はコスト5以下の獣2体を発見し、合体させたカード1枚を手札に加えるというもの。

 手札切れという問題を抱えるハンターに、毎ターン実質2マナ2ドローの能力を与える救世主かのような存在ですね。 アンデッド化してるのでもう死んでるけど。

 (ちなみに、バ獣改造は1回目の発見は3枚とも必ず特殊能力持ちになるとか?)

 

f:id:nt-naitma:20170707165318p:plain
聖なる盾と挑発の代わりに突撃を持ったウィッカーフレイムかしら

 さらに発表されたのが、与えたダメージ量、ヒーローのライフを回復する「生命奪取」カードです。 これは全クラスに専用カードが存在するそうですし、当然中立カードもあるでしょう。

 

 これにより従来のハンターは持ちえなかった手札補充能力ライフ回復手段を手に入れることになり、ミッドレンジ・フェイス・秘策型のいずれとも異なるコントロールハンターの可能性も見えてきたのではないでしょうか?

 

コントロールハンターなるか?

 先に結論を述べてしまいますが、コントロールハンターの成立は難しいと思います。

 

 

 コントロールデッキとは、相手の猛攻を如何にしてしのぎ切るか。 そして息切れした相手に対してバリューの高い/高コストなカードを次々繰り出して勝つ、というものでしょう。

 

 この相手の攻撃を凌ぐというのは様々な方法があり、全クラス共通である挑発ミニオンでライフを守る、メイジを筆頭とする相手ミニオンの直接除去、ウォリアーやパラディンの得意とする装甲や回復など。 プリーストはヒーローパワーを駆使して1体のミニオンを長く使いまわしたりしますね。

 さらに、何とかしのぎきったとしても、こちらに反しの打つ手=手札がなければ結局のところ反撃することもできないわけです。

 

 これらを成立させるために必要なのが、「相手の行動(カード)により少ないマナコストで対処する」、あるいは「1枚のカードでより多くの相手カードを処理する」ことです。

 

 これらの代表格が、8マナもする大型ミニオンに対するプリーストの3マナ密言・死だったり、盤面いっぱいに展開されたミニオンに対するメイジのフレイムストライクだったりですね。

 もちろんヒーローパワーも、マナこそ使えどカードの消費はゼロのため有用です。

 

 

 対してハンターなのですが……。

 

 まずヒーローパワー。 相手のライフを直接削るため、試合を長引かせるのではなく早期決着の方向に向かいますよね。 盤面に干渉できないのもハンターが小回りが利かないといわれる理由の一つです。

 もちろんこれは新たなヒーローカードで変身することによって解消できますが、結局盤面に干渉するには手札を使うしかないという事に変わりません。

 

 そして、肝心の除去呪文カードなのですが、代表的なところを挙げると魔力の一矢(1マナ2ダメージ)、爆発の罠(2マナ全体2ダメージ)、爆発の一矢(5マナ5ダメージ+左右に2ダメージ)と、2ダメージの呪文が多いのです。

 対して、多くの2・3マナミニオンは体力3ですので、こちらがカード1枚で対処することが難しいです。

 また、猟犬を放て!なんかは相手が展開しているほど効果が高いですが、結局のところ1/1の大量召喚なので、ダイアーウルフ・リーダーなど別カードと組み合わせて使用しなければ効果的ではありません。 ミニオンの体力を強制的に1にする狩人の狙いも、そのミニオンを倒すには別にダメージ源が必要ですよね。

 

 つまりハンターの呪文カードは他のカードやミニオンとの組み合わせで効果を発揮するので、ハンタードローソースが無い中、基本的に1ターン1枚以上のカードを使い、手札をどんどん減らしていくしかないのです。

 こうやって書いていると、如何にメイジの呪文が強力で、1枚で試合をひっくり返し得るのかがよく分かりますね。_(:3」∠)_

f:id:nt-naitma:20170707181049j:plain
一枚で実質 確定除去+サイド3ダメージ≒3マナ以下ミニオンの除去

 

 

 

 もしコントロールハンターが生まれるとしたら、既存のデッキとは全く異なるような、ほとんど見向きもされなかった呪文カードが使われるでしょう。

 例えば、序盤にミニオンを並べなくていいのならば大顎の噛み付きは便利なはずです。 マルチショットも(トートランの守護者タールクリーパー泡を吹く狂戦士を除く一般的な)3マナ以下のミニオン2体を葬る力を持ちます。 これらのカードを採用する場合、ブラッドメイジ・サルノスもお供に良いですね。

 

 

 それと……。

 ライフ回復手段として注目される生命奪取のカードですが、ハンターなので獣ミニオンとして実装されそうな気がしますね。 それも、例えば2マナ3/2みたいな、攻撃力の方が体力よりも高いミニオンとして。 何かでバフして使い捨ての瞬間ダメージ&回復なんて使い方が多くなりそうな気がします。

 

 

 とにもかくにも、公式発表待ちですね。 次の新カード情報は7月24日なんでしたっけ? もう待ちきれんぞ……!(突撃&激怒)