ハースストーンで狩りの時間だ!

デッキ紹介したりとかちょっとした考察コラムとか

サメグマはネズミ軍団に取って代わるのか 凍てつく玉座の騎士団のハンタークラスカード

f:id:nt-naitma:20170728102237j:plain

 ついに新拡張:凍てつく玉座の騎士団(Knights of the Frozen Throne)カードの情報が本格的に公開され始めましたね。
 ハンターのカード何枚かについて思うところがあったのでまとめました。

 

 

 

3マナ:サメグマ

f:id:nt-naitma:20170728111200p:plain

 4/3というバニラ(能力なし)ミニオンと同じ高いスタッツに、呪文の対象とならない=基本的にミニオンによるトレードでしか死なないという特性つき。 ハンター以外の多くのクラスの2マナミニオンは攻撃力2のため、次のターンまでの生存が高い確率で望めます。 ミニオンの雄叫びの対象には指定できるため、猟犬使いでバフすることにより6/5挑発・呪文の対象にならないという非常に厄介な存在に。 環境次第でネズミ軍団に取って代わる3マナミニオン枠となり得ます。

 

 

4マナ:ピュートリサイド教授

f:id:nt-naitma:20170728111218p:plain

 覆面の女ハンターピュートリサイド教授への繋ぎは誰しも考えたはず。 この場合前ターンの覆面の女ハンターが生き残っていなければいけないので、凍結の罠か、直接的には守れませんが蛇の罠を先に張っておきたいですね。 そしてもちろんピュートリサイド教授の能力を発揮するための秘策も必要です。 非常に手札とプレイが難しいカードです。
 イーグルホーン・ボウも早く装備しておきたいですし…と、安定したプレイのためには研究が必要そうですね。教授だけに。

 

 

6マナ:死線の追跡者レクサー

f:id:nt-naitma:20170707164024j:plain

 デスレクサー君。 コントロール、というか重めのハンターに入るカードだなと思っていたんですが、バ獣改造はコストも合成されてしまうため、基本的に中~大型の獣ミニオンが手に入ります。 ヒーローパワー自体の2マナというコストも含めると、デッキに重いカードがたくさんあるとあまり噛み合わせが良くありませんね。
 このカードは、手札の枯渇が早いミッドレンジハンターでこそ真価を発揮するカードかもしれません。

 

 

7マナ:Abomination Archer/ Abominable Bowman (涜れし射手)

f:id:nt-naitma:20170728111250j:plain

 なんか情報サイトによって英語名が違う人。 7マナのサバンナ・ハイメインですね。
 ヘルス7とファイアーボール1発で処理しきれないタフさ放置できない攻撃力。 これで獣なら猟犬使いで優秀な壁にできるわ断末魔無限ループはあり得るわ。 ちょっと残念。
 そしてこれまでに死亡した味方の獣ミニオンを召喚するという断末魔。 サバンナ・ハイメインが出てくれば最高なんですが、逆にネズミ軍団猟犬を放て!を使っていた場合、1/1トークンが出るだけという恐れがあります。 このあたりを考えると、サメグマを採用する理由がさらに上がりますね。
 また、メイジの動物変身やシャーマンの呪術による羊や蛙も獣扱いのため、ハズレのリスクを増やす存在です。 一応、頭に入れておいたほうが良いですね。

 

 個人的には沼の王ドレッドが非常に使い勝手が良いので、7マナ枠はそっちでいいやという感じです。 沼の王ドレッドの使用感は以前書いたコントロールハンターの記事からどうぞ。