ハースストーンで狩りの時間だ!

デッキ紹介したりとかちょっとした考察コラムとか。 主にランク20~10ぐらいの人向け

混沌とした環境、どうデッキを組む? 秘策ミッドレンジハンター

f:id:nt-naitma:20180812170941j:plain

「博士のメカメカ大作戦」実装後の新環境が始まりそろそろ1週間。 ランク戦においても様々なデッキが見られ、デッキ選びに難渋しているのではないでしょうか。

 

 使うデッキや相手の対策に困っている場合、時間帯に注目してみてもいいかもしれませんね。

 例えばアジアサーバーでは、朝~昼ごろはズーや奇数ローグ、テンポメイジといった早いデッキが多め、夕方以降は殆どがドルイドウォーロックのコントロール系デッキといった印象です。

 

 今回はランク10に到達した秘策ミッドレンジハンター、それを組むに至った経緯と私の考え方を中心にまとめてみたいと思います。

続きを読む

盤面も相手も爆発だ! メカメカ大作戦におけるメカ断末魔ハンター考察

f:id:nt-naitma:20180802130938p:plain

 新拡張「博士のメカメカ大作戦(Boomsday Project)」実装までもはやあと1週間!

 

 ついに追加カードが全種発表されたのでお気に入りなハンターカードを中心に確認していたのですが、どうやら今回のハンターはこれまで以上に特殊なデッキになりそうな予感がします。 

 

続きを読む

ウィッチウッド環境における(断末魔)ハンターについて

f:id:nt-naitma:20180722165421j:plain

 新拡張メカメカ大作戦The Boomsday Projectが発表され、ウィッチウッド環境も残すところあと少しとなりましたね。

 無尽蔵トークンな奇数パラディン、攻撃的テンポな奇数ローグをはじめとして、大量の全体除去で凌ぐコントロールメイジや問答無用コンボなシャダウォックシャーマンその他いろいろと、ランク戦においてもかなりいろんなデッキを見る、今だかつてない混沌とした環境ですね。

 

続きを読む

断末魔キューブハンターでランク10到達

f:id:nt-naitma:20180605173905p:plain

 ここ数ヶ月はもっぱらカジュアル戦メインで遊んでいたんですが、先日紹介した断末魔キューブハンターが良い感じだったので、ちょっと張り切ってランク戦を回していました。

 そして本日、ランク10到達。 ずいぶんと久しぶりです。

 

続きを読む

獣たちは何度でも蘇る 断末魔キューブハンター

f:id:nt-naitma:20180524091524j:plain

 コボルトと秘宝の迷宮以来いろいろと言われていたマナ踏み倒し系カード各種のバランス調整がついに行われましたね。

 まだ当日ですが、余りにも早い段階で大型ミニオンが召喚されるような事態が減り、理不尽に感じる場面が少し減ったように感じます。

 

 

f:id:nt-naitma:20180523235409p:plain

 バランス調整の隙を突くような形で、久しぶりにランク15に到達したのでそのデッキを紹介。 凍てつく玉座の騎士団より実装されていたものの、その他のカードに隠れて目立たなかったハンターのパワーカード、涜れし弓兵をフィニッシャーに置いた断末魔キューブハンターです。

f:id:nt-naitma:20180523230409p:plain

 倒しても倒しても、大型ミニオンが復活するのだ。

続きを読む

二桁スタッツで突撃だ! 大型突撃招集ハンター(ウィッチウッド版)

f:id:nt-naitma:20180518221040j:plain

 コボルト環境から何かと言われていた、パラディン動員ウォーロック取り憑かれた従者、そして性悪な召喚師のバランス調整が発表されましたね。

 いずれもマナの踏み倒しを可能とする招集カードで、コスト4である動員、コスト6で可能な取り憑かれた従者+暗黒の契約、そして性悪な召喚師。 これらに対してハンターの招集カードは沁み出すウーズリング+死にまねであり、カードが2枚必要で、しかもコスト7と他のクラスよりも遅いという欠点がありました。

 さらに沁み出すウーズリングは招集先の獣ミニオンに加え、断末魔をコピーするためのキャスリーナ・ウィンターウィスプがデッキ内に存在していなくてはいけません。 しかもキャスリーナはレジェンドカードのため1枚しかデッキに入れられない等と、極めて制約が多く特殊なデッキ構築が求められる、扱いの難しいカードです。

 ですが前述のカード達はいずれも必要コストが+1されるため、相対的にハンターには追い風となりますね。

 

 さて今回紹介するのは以前も紹介した大型突撃招集ハンター、その攻撃性をさらに高めたウィッチウッド・エディションとなります。

f:id:nt-naitma:20180518233832p:plain

続きを読む

コントロール時代の幕開けだ! ドラゴンハンター

f:id:nt-naitma:20180416172741j:plain

 まだまだワタリガラス年:妖の森ウィッチウッド開始から間もありませんが、依然として強力なキューブロックに加え、奇数・偶数パラディン挑発・性悪ドルイドなど新デッキが現れ始めました。

 

 皆大好きハンターでは、超攻撃型の奇数ハンターが大勢を占めるようですね。

 でも私が使うのはドラゴンハンター。 カード発表時に公開されたまさかのハンター用ドラゴンカードを用いたデッキです。 しかも、新カード達が可能にした念願のコントロールデッキでもあります。

f:id:nt-naitma:20180416201900p:plain

続きを読む