ハースストーンで狩りの時間だ!

ファンデッキでラダーにいそしむ@naitma_nのハースストーンブログ

ハンドバフハンターで6月のラダーまとめ

f:id:nt-naitma:20170629173227p:plain

 もう6月も終わりそうなので今月の総括なんかを。 使用デッキは以前紹介したハンドバフハンターです。

 

 ランク10あたりまでは割りとスイスイ進んでたんですが、このあたりから急にキツくなったように感じました。 最終的な戦績はこんな感じです。

f:id:nt-naitma:20170629173102p:plain

 5連敗ぐらいしたところでスクリーンショットをとったのもあって勝率は下降気味。

続きを読む

amazonビデオで映画「ウォークラフト」

f:id:nt-naitma:20170626232232j:plain

 ハースストーンの世界観の元となっている「ウォークラフト(Warcraft)」の映画がamazonプライム会員なら無料で視聴可能と知りさっそく見てました。

 

 原作であるWarcraftは軍勢を操作して戦うストラテジーゲームで、家族がやってたのを自分も少しやってた記憶があります。 英語まだ分からなかったのでストーリー全く頭に入ってませんでしたけど。

 

 さて映画の方はまさに正統派ファンタジーで、ブリザードが本気出してるだけあってなかなか壮大な雰囲気を味わいつつ見ていたら、ハースストーンで聞き覚えのある単語や人名がポコポコ出てきてつい反応してしまいますね。

 ハースストーンでおなじみで大役をやってるのはウォーロックグルダンとメイジのメディヴ。 同メイジのカドガーも準主役でした。 みんな若かったし、「ローサー」ってパラディンのウーサーの事(発音訳違い)なのかも。

 あとゲームで頻繁に聞く「ムルルァァァグルルァァ」ことマーロックが、背景とはいえ出てきてつい吹いたりとか。

 

 グルダンは本作イチの悪の親玉やってて、冥界のポータルを開いたり魂抽出したり、さらには背中の丸まったウォーロックかと思いきやマッチョな肉弾戦も披露してました。

 というかグルダンってウォリアーと同じオーク種族だったんだ。

 グルダンすげえなウォーロック使わない? いいえ私はハンターで。(レクサーは出てません)

 

 ストーリーもどんでん返しやら逆転の盛り場やら盛りだくさんあって、ハースストーン抜きにしても実に見ごたえがあって楽しめる映画でした。 ハリーポッターやらロードオブザリングやらも好きならなおのこと是非。 amazonビデオでプライム会員なら無料視聴できますよ奥さん。

 

www.amazon.co.jp

 

 そうそう、ウォークラフトといえばWarcraft3のリッチキングをはじめとしたアンデッドたちが思い浮かぶんですが、ハースストーンの次の拡張がまさに「リッチキングの帰還」なんじゃないかって話ですね。 パックが8月解禁だとしたら情報は7月から出始めるんでしょうか? とても楽しみです。

グライミー・グーンズ再び ハンドバフハンター

f:id:nt-naitma:20170625210211p:plain

 ハースストーンプレイヤーの皆さんはじめまして、ないとまと言います。

 twitterでは模型・ホビーをメインにしているので、ハースストーンの記事はブログという形にまとめようと筆を執りました。
 とはいえハースストーンはファンデッキで気ままにカジュアル戦をしていることが多く、ランク戦を本格的に?やりだしたのは数ヶ月前からです。

 いわゆるTier1デッキを使わないタイプの人間ですが、ウンゴロ実装初月にランク3に到達できたのが最高記録です。 このブログで紹介するのもそんなちょっと変わったデッキが多くなると思います。

 

 さて今回紹介するのはハンドバフハンターです。

 

 

続きを読む